娘や息子の脇が臭い!もしかしてワキガが遺伝した場合の対処法

娘や息子にワキガが遺伝

娘、息子の脇が臭い…もしかして、「私のワキガが遺伝したかもしれない…」いったいどうした対策をすればいいのか?と悩んでいるパパ、ママも少なくないはずです。

娘さん、息子さんの脇が臭いと感じたらするべきことをご紹介します。

娘さん息子さんの脇が臭い時に本当にワキガなのか確かめよう

ワキガ対策家族
本当にワキガが遺伝しているのか、まずは確かめること。もしかしたら、臭い脇の匂いはワキガではない可能性もあります。

ワキガが遺伝するの記事でもまとめておりますが、「ワキガは高確率で遺伝」します。

遺伝する確率

娘さん、息子さんの脇が臭い場合にまず確かめる事ですが、家族や身内にワキガ体質がいるか確かめるようにしてください。

パパ、ママ両親がワキガ体質の場合、80%の確率で子供にワキガが遺伝します。パパ、ママどちらかの片親がワキガの場合、50%の確率でワキガが遺伝します。

親がどちらかがワキガ体質の場合ですと、子供もワキガになってしまっている可能性を疑うといいでしょう。そして、もう一つ確かめるのは、ワキガ特有の匂いなのか確かめるようにしましょう。

ワキガ特有の匂い

  • 鉛筆の芯のような匂い
  • スパイシーな香ばしい匂い
  • 長期間放置していた雑巾の匂い
  • ネギが腐った匂い
  • 生臭い匂い

ただ、汗の酸っぱい匂いの場合、ワキガではないかもしれません。ただ、汗の匂いだけかもしれません。パパ、ママがワキガである、本当にワキガの匂いなのか?ただの汗の匂いじゃないかまず確かめるようにしましょう。

ワキガ特有の匂いに関しては、こちらの「脇が鉛筆の芯の匂いがするならもしかしたらワキガかもしれません」の記事でまとめているので、合わせてチェックしてみてください。

編集部

娘や息子にワキガが遺伝してしまった場合の対策方法

子供のワキガの匂いが発生し始める年齢は、「思春期を迎えた年代」です。10才〜思春期が始まりますので、10才ぐらいから、ワキガの匂いが発生し始めることが多いです。

近年では、食生活が欧米化しているため、ワキガの匂いが発生する年齢は若年化しています。8才ごろから発生する場合もあります。

娘、息子さんのワキガの匂いが発生した場合の対処方法ですが、二つご紹介しますので、参考にしてくださいね。

【娘、息子のわきが対策】
1.基本何もせず見守ってあげる

ワキガ臭がするから、脇が臭いからといって、「制汗剤を使いなさい!」「ワキガクリームを使いなさい!」など子供に強く指摘するのはよくありません。

いずれ、ワキガだった場合、いつか「自分がワキガなんだ…」「脇が臭いんだ…」と気付く時が来ます。そのタイミング来るまで、見届けてあげるのも一つです。

かといって、何も全く対策してあげないのは、NGです。

ワキガが原因で、いじめにあってしまう可能性があります。自分で気付くまで見守るのも大事ですが、少しぐらいはアプローチしてあげるのが、親の役目です。

ワキガ菌を除菌する効果のあるボディーソープに変えてあげたり、洗濯の時は、デオドラント洗剤に変えるなど、ちょっとしたアプローチをしてあげるようにしましょう。

【娘、息子のわきが対策】
2.ワキガクリームを使ってあげる

ワキガの匂いの鉄板のセルフケアといえば、ワキガクリームを使った対策です。

クリアネオやデオシークは、朝一回塗るだけで、ワキガの匂いをしっかり抑えてくれます。季節によりますが、朝一回塗ると、学校から帰ってくるまで持続します。

お子さんが、「学校で脇が臭いと言われた…」などの相談をもしされた場合は、すぐにでもワキガクリームを買ってあげることをおすすめします。

市販の制汗剤やデオドラント剤は子供に合わないことが多い

市販されている制汗剤、制汗スプレー、デオドラント剤などでワキガケアをすることも可能ですが、添加物や肌を刺激する成分が入っていることが多いです。

大人なら肌がある程度、育っているので皮膚がかぶれたりすることは、子供と比べると少ないです。

しかし、子供となると話は変わってきます。「子供でも安心して使えるワキガクリーム」「低刺激のワキガクリーム」を使ってあげるようにしてください。

子供でも使える安心のワキガクリームは、こちらの「中学生、高校生10代のワキガ対策はどれが良い?安心の対策方法」記事でまとめているので、参考にしてみてください。

あわせてチェック!
中学生高校生のワキガ対策 中学生、高校生10代のワキガ対策はどれが良い?男子も女子も必見

子供のワキガ手術などの治療はデメリットが多い

子供がワキガでいじめにあうかもしれない…と不安な気持ちは、分かります。ワキガが原因でいじめにあうかも…と不安で、ワキガ手術を考える親も中にはいます。

ワキガ治療は、ワキガの匂いをしっかり抑えてくれるというメリットがありますが。それ以上にデメリットがあります。

子供ワキガ治療のデメリット

  • 手術の怖さ、恐怖を与えてしまう…
  • 手術をしても、再発する可能性が十分にある
  • 脇以外からの汗が吹き出てくることがある
  • 頭皮から汗がすんごい出てくることがある
  • 治療方法によっては、手術跡が残る可能性もある
  • 手術がとらうまになる可能性がある

子供ワキガ治療を推奨している方もいますが、子供のワキガ治療はおすすめしません。

子供のワキガ対策は、ワキガクリームやデオドラント対策で十分です。

子供が脇が臭いから、いじめにあうかもしれないからと親の勝手な判断で、手術を強引にさせるなんてことは、絶対にしないようにしてください。

子供がどうしても、ワキガ手術をしたいというなら、一緒に考えてあげるといいです。子供の意思を尊重してあげるように!

編集部

娘、息子がもしワキガが遺伝してしまった場合のまとめ

この記事のまとめ
  1. ワキガは高確率で遺伝する
  2. 遺伝してしまったら、とりあえず見守る
  3. 石鹸や洗剤をデオドラント用に変えてあげる
  4. ワキガクリームを使った対策をしてあげる
  5. 子供のワキガ手術はおすすめしない

子供にワキガがもし遺伝してしまっても焦ることはありません。昔と比べると、効果の高いワキガクリームが発売されているので、子供ももちろん、大人のワキガ対策も簡単になっています。

子供のワキガで悩んでいる、パパ、ママがいれば、ワキガクリームを使ってあげてくださいね。

編集部

あわせてチェック!
中学生高校生のワキガ対策 中学生、高校生10代のワキガ対策はどれが良い?男子も女子も必見